演 目 紹 介


演 目 一 覧
塩祓い 弓八幡 鐘 馗 黒 塚
眞榊(手草) 塵 輪 国 讓 五 神
二神柴舞 道返し 羯 鼓 羅生門
四 神 十 羅 切 目 大江山
双剣の舞 貴布禰 天神鬼 石見野
神祇太鼓 頼 政 惠比須 雪 舟
天の岩戸開き 八十神 大 国 八岐の大蛇



塩祓い しおはらい
此の神楽は御座所 祓い・清めの三座舞で四方祓の舞(塩祓)
と云い、神楽を奉納するに当り、神々をお迎えする御座所・神楽殿等を祓い清めると云う神楽で、神楽奉納には必ず舞われる神楽であります。






演目一覧に戻る
眞榊(手草) まさかき(たぐさ)
此の神楽も(神迎え三座舞)榊葉を捧げて御座所に神をお
迎えすると云う意の神楽で神迎え三座舞の一つであります。








演目一覧に戻る
二神柴舞 にしんしばまい
二神柴舞は別名「御座所祓い清めの舞」と呼ばれ、神迎えのための三座の舞の一つである。神に捧げる榊の葉を左手に、鈴を右手に持ち、神楽殿と御座所をこの舞で清める。神楽を奉納する前に舞われる儀式神楽の一つである。






演目一覧に戻る
四 神 よじん
この舞は儀式神楽の一つで、その名の通り4人の舞手が左手に御幣、右手に鈴を持って舞う。この神楽は塩祓いと同じ意味を持ち、四季の神々をお迎えするために舞われる。奏楽も舞手も四季の歌をうたいながら舞う。






演目一覧に戻る
双剣の舞 もろだちのまい
久城社中に古くから伝わる舞の一つである。この舞は両手に12本の刃を持ち、さらに口にも刃をくわえた状態で前転、後転しながら舞うという過酷な舞である。そのいでたちで悪魔を退散させ、東西南北中央の神々をお迎えする御座替えの舞としての意味をもつ。この舞は現在益田市の無形文化財に指定されている。





演目一覧に戻る
神祇太鼓 じんぎだいこ
石見神楽奏楽器の太鼓演奏で別名「胴の口」ともいう。大太鼓を四つ並べての演奏は勇壮なもので、この太鼓演奏によって神々をお迎えする。太鼓の打ち方は三通りある。







演目一覧に戻る
天の岩戸開き あまのいわとびらき
大地に恵みを与える太陽が月に隠れる現象(日食)で戸惑う人々の様子を神話化したという説もあるが、神代の政治変革を神話化したという説もある。当時の政治を統制していた天照大神は弟の素戔鳴尊の異政論を自分の責任だとして統治者の座から身を引いた。統治者不在となった世の中は無法で治安が悪化したため、側近達が法律や時間の制度を整えたうえで、再び天照大神を統治者に就かせようとした。



演目一覧に戻る
弓八幡 ゆみはちまん
武勇の神、八幡宮の祭神である第十五代の帝応神天皇が皇位につかれるまで、御名を八幡麻呂と云われ若かりし頃の武勇伝を神楽化したものである。九州宇佐八幡宮に祀られている八幡麻呂は異国から飛来した大六天の悪魔王が人々を殺害していると聞き、神通の弓、方便の矢をもって退治する。正義(神)対、悪(鬼)という展開の代表的な神楽である。




演目一覧に戻る
塵 輪 じんりん
第十四代の帝の仲哀天皇の御代、体に翼があって天空を自在に飛び回ることのできる悪鬼「塵輪」が異国から攻めてきた。仲哀天皇は自分の官軍の中に塵輪にかなうものがいないことを悟り、側近の高麿(弓取りの名人)とともに自ら塵輪の征伐に赴き、之を征伐・退治された。この神話を神楽として構成したもので、石見神楽を代表する弓矢の舞であります。





演目一覧に戻る
道返し ちがえし
常陸の国、鹿島の宮の祭神である武甕槌の命は、世界を我が物にしようともくろむ悪魔王を双六(すごろく)の目の出方で勝負を決して、見事この悪鬼を退散させたという話を神楽化したものである。実際の神楽では双六の勝負を歌の掛け合いで例えてある。また、降参した悪鬼は九州高千穂の峰の麓で農業に従事させられるという内容である。悪鬼が幕からの登場ではなく社門の方から登場することから「門鬼(かどおに)」とも呼ばれる。





演目一覧に戻る
十 羅 じゅうら
この神楽は古くから「十羅能」といわれ、出雲神楽の代表的な神楽であった。日之御アの祭神を佛典に登場する十羅刹女に付会してこの演題となったといわれる。須佐之男の命の末娘である「十羅刹女」対、鬼女「彦羽根」という女同士の戦いが珍しい。舟戦の舞台となり、双方が櫂を持っての戦いを舞うのが特徴で、竜住海は現在の日本海か玄海灘ではないかと考えられている。この舞は昭和四十五年十月益田市の無形文化財に指定されている。



演目一覧に戻る
貴布禰 きふね
その昔、京都で起こった離婚騒動を神楽化したものである。夫に離別された女が恨みを抱き、この夫を苦しめようと貴布禰明神に願掛けをしていた。恨みに満ちた女は祈願の末、鬼女となっていた。夫は毎晩のように悪夢に悩まされて安部清明(祈祷師)に相談する。その原因が妻の怨念であることを知り、身代わりの人形を用意する。女はその人形を夫だと思い込んで恨みをぶつける。




演目一覧に戻る
頼 政 よりまさ
この神楽は平家物語や源平盛衰記にある「源三位頼政のぬえ退治」の伝説を神楽化したものであり第七十三代堀川天皇の御代の出来ごとで。頭が猿で体は牛、尾は蛇で手足が虎という怪物「ぬえ」が毎晩丑満つ時になると現われて、宮中を害し帝を苦しめ悩ました。弓取り名人であった源三位頼政と、その家臣の猪之早太はこの怪物を退治すべく東三條ヶ森へとむかい、怪物ぬえを退治された。





演目一覧に戻る
八十神 やそがみ
この神楽は「大黒様」で知られる大国主の命の恋愛物語といったところであろうか。その昔、因幡の国(現在の鳥取県八頭郡)に八上姫という美しい女がいた。この女をめぐって兄弟の神々は恋敵の大国主の命に大岩をぶつけて殺そうとする。怒った大国主の命はこれを返り討ちにする。演題の「八十神」とは「たくさんの神々」を意味するが、この神楽においては「様々な神」というべきであろう。大国主の命は穏やかな面と怒りの面を使って舞う。



演目一覧に戻る
鐘 馗 しょうき
中国の唐の時代、玄宗皇帝が長い病の床に伏せているとき、夢枕に異様な姿をした神が現れ、茅の輪(ちのわ)を使って病魔を撃払った。眠りから覚めた皇帝は病が治っており、絵師にその神の姿を描かせた。その幻の神が鐘馗大神である。現在、各地の神社で行われている輪くぐり祭はこれに由来するものと言われている。ゆったりとしたテンポと激しいテンポのギャップがこの舞の見どころである。




演目一覧に戻る
国受け(鹿島) くにうけ(かしま)
経津主の命と武甕槌の命(道返しの主人公)は天つ国の二柱(ふたはしら)として天照大神に仕えていた。豊葦原の中つ国を創った大国主の命(大黒)にこの国の統治権を天照大神の皇御孫に譲るよう交渉する。大国主の命とその長男の事代主の命(恵比須)はこれに承諾するが、二男の建御名方の命はこれに力ずくで反抗する。





演目一覧に戻る
羯 鼓 かっこ
紀伊の国の音無川のほとりに小さな太鼓(羯鼓)が落ちていた。その太鼓を打ち鳴らしてみると「天下泰平、国家安穏」と鳴り響き、反対側を打ち鳴らしてみると「五穀豊穣、商売繁盛、漁繁盛」と鳴り響いたという。そんなおめでたい太鼓をどうするものかと、たくさんの神々によって受け渡されたが、巡り巡って熊野権現の末社に仕える一人の神官に託された。太鼓の据え場所は、高すぎず低すぎず、明るすぎず暗すぎず、ちょうどよい真ん中所に据え置けとのことだった。



演目一覧に戻る
切 目 きりめ
この神楽は「羯鼓」の後篇的な意味を持ち、羯鼓と一連的に舞われる。熊野権現の「切目の王子」と呼ばれる神は、神官によって据え置かれた太鼓(羯鼓)の所以を探るべく、その太鼓に歌を掛け合ってみた。すると、その太鼓は天地創造と万物の根源の真意を奏でたという。その太鼓のありがたみを知った切目の王子は狂喜乱舞した。その喜びを表す激しい舞が見どころである。




演目一覧に戻る
天神鬼 てんじんき
九州大宰府に祀られている天神・菅原道真の伝説を神楽化したものである。時の右大臣・菅原道真は、左大臣・藤原時平の謀にあって九州に左遷され、そこで無念の死を遂げた。時は経ち、京の都は疫病や大雷雨にみまわれた。雷に打たれた者がみな藤原一派の者であったことから、人々はこれを雷神に身を変えた道真公のたたりだとうわさした。この神楽は雷神に身を変えた道真公の亡霊と家臣の老松が都人に変装していた時平を討つという内容である。「梅や桜は枯れても(道真は死んでも)松は枯れることはない(怨念は老松に託されている)」という意味の歌が出てくる。



演目一覧に戻る
惠比須 えびす
恵比須は大国(大国主の命)の息子で正しくは事代主の命という。恵比須は現在の島根県八束郡美保関に祀られ、大国とともに七福神の一人として多くの人々に知られている。神楽の中で次のような台詞がある。「この釣り竿がまっすぐなのは、人の心もまっすぐにとの意。また、釣り糸が長いのは、人の命も長くなれという意。勾玉のような釣り針は、いろんな縁起物をつりあげよという意。」
恵比須が大鯛を釣り上げるというこの神楽は結婚式のようなおめでたい席によく舞われる。


演目一覧に戻る
大 国 だいこく
大国(大黒様)は島根県の出雲大社の斎神で、正しくは大国主の命という。また、恵比須(事代主の命)の父で、七福神の一人として多くの人々に知られている。大国は出雲神国(豊葦原の中津国)を創り上げた神であり、今なお数々の伝説が残されている、言わば出雲神話の英雄である。神楽の中で次のような台詞がある。「この木槌はいろんな縁起物を打ち出すためのもの。また、背に担いでいる大袋は、幸せを貯えるためのもの。この頭巾は、上を見ず(大きな賭けをせず)下を見て(地道に努力して)暮らせとの意。」
この神楽もめでたい席によく舞われ、恵比寿の演目と統合して舞われることが多い。
演目一覧に戻る
黒 塚 くろづか
唐・天竺から飛来した金毛九尾の悪狐は皇妃に化けて鳥羽天皇の命と宮中を狙おうとしていたが安部泰親の呪術によって正体を見破られ那須野ヶ原に逃げ去り、そこで旅人に害をなしていた。その悪狐がいかなる妖怪かを見届けるべく権大僧都という大法印が二人の弟子を連れ、那須野ヶ原に向かった。僧侶達はこの悪狐に苦しめられるが、駆け付けた三浦之介と上総之介によって悪狐は退治される。
また、この悪狐について、宮中に仕えていた女官が、皇妃の御子の病を治すすべとして「妊婦の胎児を薬として与えよ」との言い伝えから道行く妊婦を殺害し、いつしか悪狐となって人々を襲っていたという悲しい説もある。
演目一覧に戻る
五 神 ごじん
此の神楽は神話・伝説・伝記等を神楽化した物とは異なり、陰暦を神楽として構成したもので、春・夏・秋・冬、四季の土用を各々の神として現わし神道によって神々の恵を解いた神楽で
神楽台詞の中にも陰・陽・暦の中に使用されている表現の字句が多く多く使われています。






演目一覧に戻る
羅生門 らしょうもん
京の都羅生門に毎夜・怪物が現れて京の人々に害をなして
いた時の京都守護職 源頼光は、我家臣 四天王の一人で
ある 渡辺綱に怪物退治を命じた。命を受けた綱が羅生門に
来て見ると一人の姫が怪物により楼上で泣いていた。
綱は今宵怪物退治をし姫をお助けすると約束し姫を連れ楼上
を降り池のほとりにて怪しき気配を感じ、太刀の鯉口を切って
水面を見ると 姫の姿が怪物になって水に写っていた。綱は
後を振り向きざま様に怪物の左の腕を切り落とした。
怪物は後日 綱の母者人に化けて腕を取り返し大江山に逃
げ帰る。大江山の全編として上演しています。


演目一覧に戻る
大江山 おおえやま
一条天皇の御代 丹波の国大江山に酒呑童子と云う悪鬼が住まいし多くの手下を従えて岩屋に籠り京の都に災いをなし庶民を苦しめていた。
時の帝は源氏の大将 源 頼光に命じ之を征伐されることになり、勅命を受けた頼光は家臣 渡辺 綱・坂田 金時 他四天王を従えて三社の神に願を込め、山伏修験者変装して大江山へ向かい遂に酒呑童子を征伐すると云う神楽であります。



此の神楽大江山は浜田市 細川衣裳店の店主 細川勝三師の大江山絵史・謡曲大江山等を基に原作されたものです。
昭和三十三年 石見神楽保存会 久城社中に依り神楽構成したものです。    構成者 糸賀 善男氏(久城社中)
演目一覧に戻る
石見野 いわみの
新作万葉神楽

人皇第四十一代 持統天皇の御代に文人として政務にあたり石見之国の国司として国府にあった時、石見之国の再三に渡る大水害に心を悩ませられ、府内各地を治水の為巡回され特に西の地益田に来られた際、今の益田川・高津川から起る大水害による惨状を見分された人麿は毎年起る大水害の治水に思いを置かれ、里人たちの為に里人と共に佐毘売山に鎮まる金山姫之命に治水の為の祈願をされ、自らも里人と共に治水作業に当られ大願成就、この地方の治水をされたと云う神楽であります。


演目一覧に戻る
禅道鬼(雪舟) ぜんどうき(せっしゅう)
新作万葉神楽

応仁の乱に山名宗全の西軍に加わった大内政弘と将軍義政・細川勝元の東軍に加わった此の神楽の悪役・謀反を起こした大内道頓教幸(どうとん) 大内政弘の留守を預かる陶弘護。その縁戚関係である 益田越中之守 兼尭(かねたか)共に戦乱の中にあって、各々己を善として戦った武将であり、大内上洛を預かる陶氏と本家取りを謀る道頓との戦いに陶氏加勢の為に益田越中之守出陣、其の大内氏領内の乱の中に雪舟の登場を加えて討つ退治すると云う事でなく、武の道・禅の道・加えて法の力に依って謀反を諭し、邪心をためなおしてこれを法の力によって正道に導き乱をおさめると云う。
神仏一体化を表現すると共に雪舟禅師の此の地に残された文化と其の業績を後世に語り継がんため之を郷土能石見神楽として構成されたものです。
演目一覧に戻る
八岐の大蛇 やまたのおろち
その昔、天照大御神の弟である須佐之男命の悪行により天照大御神は天の岩戸にお隠れになり、須佐之男命は天高原を追われます。
 諸国を歩くこととなった須佐之男命が、出雲の国斐川にさしかかると嘆き悲しむ老夫婦と娘に出会います。理由を尋ねると「私共夫婦には八人の娘をもっていたが、この地方住む八岐の大蛇に毎年一人ずつ娘をさらわれ残るはこの娘一人となった。今年もそろそろ大蛇が来る頃になったので嘆き悲しんでいる」とのこと。
 須佐之男命は、大蛇退治の為、老夫婦に濃い酒を作る事を命じ、やがて現れた大蛇がこの酒に酔い伏せたところを退治するという神楽です。

演目一覧に戻る